読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全て自己中心的の世界でまわる世界

いつも大変お世話になっております。ホームページ制作F望月聡です。


今週は日曜配信となりましたので、
本日は少し変わった見え方のお話を書きました。


多くの方は人に左右される人生。だと勘違いしそうですが、
実は自分が全て望んだ結果であり、
自己中心的な世界から平行線で世界は動いていると感じて過ごしています。


自分の周りの出来事、
嫌なことも幸せなことも全て自己中心的な世界で動いている。


優しくすれば優しくされる。
嫌なことをしたら嫌なことをされる。


原点を考えると自分中心に世界は回っており、
その自分中心な世界で周りが合わせて動いてくれています。


環境や世界がと言うのは関係なく。
自分という混沌とした経済が周りの経済を動かしている。


自分を1つの国と考えます。
誰にも侵すことが出来ない自分自身。


外交したり、貿易したり、交渉したり、
対人に対して、自分自身をわかってもらう努力をしています。


その結果を見て、
あなたという評価が決まり、そのまま人生に反映されていきます。


そう考えていくと、
自己中心的な世界で生かされているということがわかりました。


人は国になっている。


周りのせいにしていることが、
本当に意味なく感じてきました。


自分=世界を作っている。
自分から見た目でみんなが動き、自分の世界で人が動いている。


会社=経済(会社の力関係で仕事の量が決まる。)


世間=自己中心的な集合体(評価で流される多くの人達。)


突き止めていくと、
自分というものは非常に可能性が高く、
世界までも変えることができる。
周りの評価さえも簡単に変えることができる。


だからこそ、
本当の自分はどこにいるのかを見失いやすい。


自分の中から自分を見つけることは大変だと感じます。
外の評価から自分自身を見つけるほうが、
ありのままの自分で受け入れやすく、迷走しなく頑張らないでよくなります。


自分自身の発見は、外に目を向けると、
案外簡単に見つけられるのではないのかと感じました。


どんな喜ばしいことでも、不幸と思えば不幸。
どんな不幸なことでも、幸せと思えば、幸せ。


人間は周りと生きていくのですから、
周りの評価が良ければ、幸せを運んでくれる回数も多くなります。


頑張らなくても素敵。今のままでも十分素敵。
考え方を変えるだけで、自分の国が変わり周りも変わる。


頑張ったことを自分中心から発信していくと、
多くのことが変わってきます。


全ては伝え不足で、世界が不平等になっていると感じます。


自分の評価は周りから決められると思いました。


少しでも参考になれば幸いです。

 

参照元

www.web-f.net